May 2022

2022年5月

2022年5月17日

令和4年度 南信大会速報④

5月7日(土)~始まった、令和4年度南信高校総体の速報④をお知らせします。

【弓道】

団体戦 優勝・6位 県大会出場!

Aチーム 40射24中
Bチーム 40射15中

個人戦 優勝・7位 2名県大会出場!

優勝 8射7中 大下
7位 8射5中 羽生 (射詰めの結果)


【ソフトテニス】

団体戦 優勝 県大会出場!
個人戦 優勝・ベスト4 2ペア県大会出場!

優勝 松尾・鈴木ペア
ベスト4 宮澤・片桐ペア

2022年5月16日

令和4年度 南信大会速報③

5月7日(土)~始まった、令和4年度南信高校総体の速報③をお知らせします。

【バレーボール】

3位 県大会出場!

準決勝 本校 0-2 東海大諏訪
3位決定戦 本校 2-0 岡谷東


【ソフトボール】

3位 県大会出場!
3位決定戦 本校 15-6 飯田風越


【陸上】

やり投げ 10位 18.96m 代田
     11位 18.21m 松村

走高跳 10位 1.35m 代田


【バスケットボール】

5位 県大会出場!

5~8位決定戦
本校 81-42 飯田
本校 77-55 伊那弥生ヶ丘

2022年5月15日

令和4年度 南信大会速報②

5月7日(土)~始まった、令和4年度南信高校総体の速報②をお知らせします。

【卓球】

個人戦
ダブルス 3ペアが県大会出場!
3位 関島・川島ペア
3位 吉沢・内山ペア
ベスト8 山下・古瀬ペア

シングルス 3名が県大会出場!
3位 内山
ベスト8 吉沢
ベスト16 関島


【バレーボール】

ベスト8確定 県大会出場!

1回戦 本校 2-0 松川
2回戦 本校 2-0 諏訪二葉


【ソフトボール】

4位以上確定 県大会出場!

1回戦 本校 10-3 伊那弥生ヶ丘
2回戦 本校 2-16 伊那西

【柔道】


2位 小林 県大会出場!

【新体操】

個人戦 2名 県大会出場!

4位 赤羽
フープ 7位(20.600) ボール4位(22.650) 合計43.250
10位 山田
フープ 12位(18.050) ボール7位(20.800) 合計38.850

2022年5月14日

令和4年度 南信大会速報①

5月7日(土)~始まった、令和4年度南信高校総体の速報をお知らせします。

【バドミントン】

団体戦 ベスト4 県大会出場!

1回戦 本校 3-1 岡谷東
2回戦 本校 3-1 伊那弥生ヶ丘
準決勝 本校 2-3 東海大諏訪
3決戦 本校 2-3 上伊那農業

個人戦
ダブルス・シングルスとにも県大会出場ならず


【卓球】

団体戦 2位 県大会出場!

詳細は後日更新

個人戦
ダブルス 3ペアが県大会出場!
2ペアがベスト8以上確定、1ペアがベスト8


【バスケットボール】

ベスト8確定 県大会出場!

1回戦 本校 66-42 諏訪実業
2回戦 本校 60-83 諏訪二葉

2022年5月12日

釈尊降誕会

5月11日(水)に、釈尊降誕会をお勤めしました。

今年も感染症対策から、学年毎のお勤めとなりました。時短短縮、規模縮小ではありましたが、各クラスから1名ずつ感話発表者を募り、発表して頂きました。学校閉鎖期間中の課題として、感話が出されていましたが、生徒一人一人が自分自身と向き合い書いてきてくれました。


校長先生の話に、「花一輪運動が出来なく残念ではあるが、できる限りのことを、今あるありのままを受け入れながらやることが大切。有限性。何を学ばせてくれるのか、今をどう生きるのかを花から伝えている」とありました。

今回の釈尊降誕会を通し、生徒・教員一人ひとりが、今一度自分自身を振り返るきっかけとなりました。

2022年5月10日

「シードル知っとる?展」開催

4月30日(土)、5月1日(日)「シードル知っとる?展」を豊丘マルシェにて開催しました。

Eクラス探究活動 社会科学探究ゼミ 3年7組 宮下咲良さん
南信州をシードルの聖地に!
南信州の魅力をシードルを通して世界に発信。市町村の枠を越え、高校生が地域を繋ぐ。地域活性化に向け奮闘する、高校生の探究活動の記録。

入学時よりシードル(りんごを使った発泡酒)をテーマに探究活動に取り組んできた宮下さん。大好きな地元そして南信州の風土とシードルの魅力を言葉と写真で伝えました。地域活性化に向けた探究活動を通して、南信州で醸造所を構え、シードル造りに携わる5軒の醸造所を調査。インタビューやシードル作りに関わる作業を通じ、醸造所の皆さんの熱い思いとシードルの奥深い世界を知り、お酒が飲めない高校生だからこそ、シードルの魅力を言葉と写真で伝えたいと思い、写真展を企画しました。高校生に南信州の魅力・シードルの奥深さを教えてくれた醸造所の皆さん、シードルへの熱い想いを語ってくれた皆さん、快く取材にご協力頂いた皆、この活動を支えてくれた多くの方々への感謝の気持ちを込めて写真展を開催。

なお、この活動は、高森町の「若者まちづくり補助金」の交付および豊丘村・株式会社豊かな丘・株式会社週休いつかの協力により実現しました。※当日は、酒類および写真の販売は一切行っていません。

2022年5月9日

変な大人50人に出会う企画Vol.13

4月28日(木)16:10〜 変な大人50人に出会う企画Vol.13
60歳で英語を始めて、海外に3回留学しました。まだまだ、勉強中!
~ 本校非常勤講師による海外留学体験談〜 を実施しました。

生徒20名、教員6名、計26名が参加しました。

講師紹介: 高野 喜宏 先生 
飯田女子高校で38年間体育を教える。現在は、飯田女子短期大学と本校で講師を務める。
☆★☆ 本人からのメッセージ ☆★☆
「先生、私もっと英語を勉強しておけば良かった。」16歳の女子高生のつぶやきが私の心を強く動かしました。この時の私の思いは、「えっ、今勉強してるじゃん、まだ充分間に合うでしょ!?」。そう思った瞬間、「16歳なら間に合うに決まっている。でも、それは60歳の自分には間に合わないって言う意味?」この疑問がいきなり自分の心に突き刺さったのです。自分はこの答えを知りたくて、英語の勉強を始めました。期限は女子高退職後の1年間。それから私がどうなったか・・・この答えを知りたい人・海外留学に興味のある人は是非ご参加下さい。


本校を定年退職後、3カ国(ニュージーランド・カナダ・マルタ)に短期留学された経験から、英語を学ぶ上で大切なことを教えてくださいました。英語を話す上で大切なのは、その英語を相手が理解できること。ビジネスでも日常生活でも伝わらなければ意味がない。まずは、教科書のすべての基本となる英語をしっかり勉強すること。そして「伝える」ための練習、失敗を恐れずにどんどん英語を使う勇気が必要なのだと、熱く語ってくれました。

そもそも、留学のきっかけは、教員時代に出会ったひとりの生徒。中学時代に重度の不登校だった彼女は、小学校3年生から7年間学校へ行ったことがない。しかし、女子高に入学して、1日も休まずに無事卒業し、今も元気に仕事をしている。
そういう生徒に何人か出会った。どうしてこういうことが起こるのか?その秘密が知りたいと思った。卒業式まであと数日となった彼女に聞いてみた「どうして1日も休まずにこれたの?」すると彼女は「私、女子校に入ったら休まないって決めてたから。」と答えた。
「えっ、それだけ?」答えがシンプル過ぎて驚いた。
人の意志の強さ、力の凄さを感じた。人は一旦決めたらやり切れる力がある。そして、その後の人生にも、それを活かせている。

自分が60歳を迎えた時、自分の周りで夢を語っていた友人の何人かは亡き人になっていた。あの時の生徒の言葉を思い出して、もう一度自分の人生を生きようと思った。
これまでの人生を生かして、2回目の人生、まだまだ何かができると思った。
全く外国には興味もなかったけど、大学までずーっと続けてきた陸上。大変なこと・苦しいことも沢山あった。でも、それができたなら、留学ぐらいできる!そう思った。
アクションを起こせば、何かが動き始める。
必要にせまられることで、人は自ら求めて学ぶことができる。
勇気を出して一歩を踏み出すこと。
分からない時には、分からないと言う勇気を持とう。

英語の勉強方法と一緒に、人生で大事なことを教えていただきました。

2022年5月5日

PTA総会・学級学年PTA開催!

4月23日(土)に、PTA総会を実施しました。
学校閉鎖明けすぐの開催ではありましたが、多くの保護者の方にお集まりいただき、ありがとうございました。
PTA総会では、前年度の報告と今年度の計画、また新役員の決定などを30分間で行いました。短縮での会ではありましたがスムーズにとりおこなうことができました。

その後の3学年PTA、1・2年学級PTAではそれぞれの会場にて顔合わせを実施。特に1・2年生はクラス替えや高校入学後、保護者の方が初めて担任と接する機会でもあり、有意義な時間となりました。

Copyright (c) 学校法人 高松学園 飯田女子高等学校. All Rights Reserved.

Produced by Japannet