October 2019

2019年10月

2019年10月19日

保護者説明会

公開講座と同じ日に、中学1~3年生の保護者の方を対象とした、保護者説明会を実施しました。

保護者説明会の実施は今年が初めてです。女子高の「今」をより深く知っていただきたいという思いから開催が決まりました。私立高校と県立高校の違いをはじめ、授業料や諸経費、進路実績等の説明等を行いました。また、本校在学中の生徒の保護者と直接お話をしていただける茶話会という時間を設けました。「女子高の色々な話は聞くけれど、本当のところはどうなの?」という疑問を少しでも解決できる場となっていれば幸いです。

ご参加頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

2019年10月19日

公開講座

10月19日(土)に、公開講座を行いました。
毎年、幾つかの講座を設定し、希望するものを体験していただきます。日ごろ生徒が受けている授業の様子を知っていただいたり、子ども時代に戻って学ぶことの楽しさを味わっていただいたりと、保護者の方だけでなく、家族や親戚の方など、多くの方に受講していただいております。

今年は、茶道・音楽・仏教・古典・理科の授業を開設しました。参加していただいた方からは、久しぶりに合唱をして楽しかった、学ぶことの楽しさを久しぶりに感じたなどと、好評をいただきました。参加していただいた皆様、ありがとうございました。

2019年10月18日

台湾遠征4日目

人形劇クラブ台湾遠征の4日目の様子をお伝えします。

10月13日(日)、この日は朝から午後に予定されている2019雲林国際人形劇フェスティバル金掌奨典礼(フェスティバルの閉幕祭と国内劇団の競演の表彰式を兼ねた式典)のリハーサルが斗六文化處表現庁の大ホールで行われました。

この式典のパフォーマンスを取り仕切る演出家によって、2日前に各国代表の準備してきた発表とは別の合同演技が提案され、そのプランに基づいてマイクや照明、TV局による全国中継のリハーサルも行いました。午後から始まった本番では、日本、ロシア、韓国、台湾の代表劇団が一つずつそれぞれの曲に合わせでステージに登場し、最後に全員のダンスでオープニングが終了すると1000人を超える聴衆から大きな拍手が送られました。

夜は市の中心部のレストランで雲林県政府主催の夕食会が開かれ、県長(県知事)から参加団体に記念品が渡されると、本校からも持参した答礼の記念品が県長に渡され、一緒に記念写真を撮るなど、楽しい交歓のひとときとなりました。

2019年10月13日

台湾遠征3日目

台湾に滞在中の人形劇クラブは、3日目の12日、人文公園で2回目の公演を行いました。今回は先日の反省も生かし、地元の方々にどうしたらわかりやすく気持ちよく鑑賞していただけるかを考えて本番に臨み、昨日以上の反応と好評を得ました。
夜は斗六文化處表演廰(斗六文化表現センター)で翌日に行われる閉祭式典のリハーサルを行いました。

2019年10月13日

人形劇クラブ 台湾へ渡る

10月10日(木)、人形劇クラブの生徒10名(飯田高校生1名含む)は、2019雲林国際偶戯節(雲林国際人形劇フェスティバル)に参加するため、台湾へ遠征しました。まだくらい早朝に本校を出発し、セントレア(中部国際空港)から3時間弱の空路を経て、桃園国際空港に降り立ちました。

このフェスティバルは、台湾雲林県政府が主催する祭典で、20年ほど前から始まり、過去には飯田からも代表が参加したことがあります。また、この遠征は、同クラブがいいだ人形劇フェスティバル実行委員会から推薦され、現地の人形劇団や他国の代表劇団と共に公演することになったもので、先日飯田市長からも表敬訪問で激励されての参加になりました。

初日の10日は移動と舞台設営を行い、翌日の11日には、初回の公演を終えました。会場には大勢の観衆がつめかけ、黒田人形浄瑠璃「傾城阿波の鳴門-順礼歌の段-」を上演しました。ステージ脇には、本校や人形劇クラブ、人形浄瑠璃についての説明がモニターで流され、終演後には大きな拍手が送られました。また、地元スタッフの詳細な解説が中国語で伝えられると、静まりかえった場内は、感心のどよめきや拍手の音が響き渡りました。

同クラブは14日まで滞在し、公演やパフオーマンスを繰り返し帰国する予定です。

2019年10月11日

十三夜月見茶会

本日、茶道クラブ主催の十三夜月見茶会が開催されました。
これまでのお茶会と雰囲気が変わり、5つのお茶席が設けられ、礼法室の掛け軸も変わっており、お茶会のために準備をしてくださった茶道クラブ員の皆さんのおもてなしの心を感じました。
今回のお菓子は、船橋屋さんの月見団子です。

2019年10月10日

台湾へ出発

10月10日(木)~14日(月)まで、台湾で最大規模の人形劇フェスティバル「雲林国際人形劇フェスティバル」に、本校の人形劇クラブが参加します。いいだ人形劇フェスタ実行委員会から推薦していただき、これまで学び、修得してきた伝統人形浄瑠璃を、日本の劇団として誇りをもって上演してきます。

今日は、朝5:00に学校を出発し、台湾に入りました。
上演は、11日(金)16:00~と12日(土)14:00~です。

今回の雲林国際人形劇フェスティバルに参加するにあたり、飯田市長へ、表敬訪問させていただきました。その様子が、10月9日(水)の中日新聞、10月10日(木)の南信州新聞に掲載されています。ご覧ください。

2019年10月7日

ホームページリニューアル!

 2015年から運用している本校のホームページを、本日リニューアル致しました!
以前までのデザインから一新して、また新たな飯田女子高校のホームページの歴史を刻んでいきたいと思います。以前までのデータを、少しずつ引き継いでおりますので、準備ができ次第、公開させていただきます。また、今回のリニューアルに伴い、新たなページも追加いたしましたので、公開まで楽しみにお待ちください。
 多くの人から愛される飯田女子高校であるように、このホームページも、多くの人に愛され、見たくなるように、運営してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

2019年10月5日

女子高クラブ体験プログラム

 10月5日(土)に、中学3年生女子・保護者の方を対象とした体験クラブを実施しました。
 7月に行われた体験入学は、女子高の1日の流れ・授業編として実施し、今回はクラブ活動編として、高校生活には欠かせない、女子高のクラブ活動を実際に体験してもらいました。全体会では、校長先生よりクラブ活動についての話をいただきました。その後クラブ員の誘導で各会場へ移動し、60分間・90分間でクラブを体験しました。
 今回は95名の中学生の皆さんに参加していただき、中には60分と90分の2つのクラブを体験してくれた生徒さんも多くいました。少しでも、本校のクラブ活動について知っていただけたら嬉しいです。

 次回は、中学1~3年生の保護者の方を対象とした、保護者説明会を10月19日(土)に実施いたします。「色々なうわさは聞くけれど、本当のところはどうなの?」という疑問にお答えします。

2019年10月1日

令和元年度運動会

 10月1日(火)に、秋晴れの空の下、大運動会が本校グラウンドにて行われました。今年は、「繋ぐ~3色の和~」をテーマに各学年が、赤・白・紫の3つの組に分かれ競技を行いました。
 大玉送りに玉入れ、騎馬戦やリレーなどのトラック種目に加え、各組の応援団ごとの応援合戦も行われます。暑い中でしたが、懸命に競技に取り組み、仲間に力強い声援を送りました。
 そして、各学年の集団演技(マスゲーム)では、2年生が「時代」をテーマにしたダンスを、3年生は民謡に合わせて踊りを披露しました。特に、3年生は2年生のファッション造形の授業で1年間かけて作った浴衣を着て踊りました。熱い戦いが繰り広げられていたグラウンドが、色とりどりの浴衣姿により一気に華やぎました。

 優勝を勝ち取ったのは紫組でした。

Copyright (c) 学校法人 高松学園 飯田女子高等学校. All Rights Reserved.

Produced by Japannet